お念珠のこと

ジュエリーシバタが皆様に
お伝えしたいことを書き記しております。
ぜひご覧ください。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お念珠のこと
   
2018/07/22                                    

お念珠のこと

「お数珠をください」

 

閉店間際に、駆け込んでいらしたお客様。どうやらお身内にご不幸が出来たご様子です。

お嬢さんお二人のお念珠をお求めくださいました。

「本当は、お嫁入りの時に買おうと思っていたけど…急なことだから。。。珊瑚と真珠は海のもので、お塩でお清めされているから!珊瑚と真珠をそれぞれに頂くわね」

お客様はお念珠の事をよくご存知でいらっしゃいます。

「やっぱり108珠の本連で。本連なら、これからどこへお嫁に行っても大丈夫。それと房は白色で! 」

お悔やみは急にやって来ます。いざという時に慌てることのないように、ご用意しておきたいですね。お盆ももうすぐです。お房が黄ばんでいたり、糸が緩んでいませんか。チェックしてみてくださいね。

 

今日のブログのタイトルは『お念珠』ですが、『お数珠』って言うのが一般的です。『お念珠とお数珠』どちらも全く同じなんですが、宝石業界は!?お念珠って言いますかねぇ。

お数珠は念仏を唱える際に、その回数を数えるために、数珠の珠を指で動かし用いたことが語源と言われています。念珠と言う呼び方は、数珠に念(思い・願い・祈り)を込めたものと言う意味から、こう呼ばれるようになりました。それと、今では仏事に使うだけのお数珠ですが、昔は結納の道具で、寿寿(ずず)と言われていました。

調べてみたら、こんなことが書いてありましたが…呼びやすい方で良いのではないでしょうか(*^_^*)

 

写真は、水晶・真珠・珊瑚の本連のお念珠です。やはり、東海地方は地味になったとはいえ冠婚葬祭に重きを置く地域。房のお色は自由ですが…白珠で白房が間違いない! そう思います。

 

 

【ジュエリーシバタ】
TEL:058-391-3504

住所:〒501-6244
岐阜県羽島市竹鼻町丸の内3丁目29

営業時間:10:00〜20:00

定休日:木曜日

—–

岐阜県羽島市ジュエリーシバタ
ジュエリー・真珠(パール)・時計(ウォッチ)メガネ・修理リフォームの専門店

—–

お問合わせは、お電話、もしくはHPの
お問合わせフォーム又は、ご来店予約フォームよりお願いします。

関連記事