余った真珠を使ってピアスをお作りしました

ジュエリーシバタが皆様に
お伝えしたいことを書き記しております。
ぜひご覧ください。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 余った真珠を使ってピアスをお作りしました

余った真珠を使ってピアスをお作りしました

今年の夏に「小粒の真珠のネックレス」のご注文をいただきました。


3.5ミリ~4.0ミリのアコヤ真珠です。上の段の7.5ミリ~8.0ミリと並べると可愛らしさがお分かりいただけますよね。ご注文をいただいたお客様のお一人が「ドッグネックレスのような感じで組んで下さい」そう仰いました。ちなみにドッグネックレスとは、犬の首輪のように首にピッタリあうネックレスのこと。

こんな長さのことです。(このケリー妃のお写真が、世界で一番有名で美しいドッグネックレスの写真だとシバタは思っています)
ただドッグネックレスになるように組んでいくと、けっこうな数の珠をネックレスから外すことになります。

余った真珠をご覧になったお客様から「余った珠でピアスを作れないかしら?」
そんなご依頼をいただきました。お客様のデザインのご要望は「シンプルであること」でした。

縦に一列になるように垂らすとかの案も出ましたが、最終的に丸い形のピアスをお作りいたしました。

珠の可愛らしさを活かした、とっても可愛いピアスが出来上がりました。

プラチナで軸を作り、耳たぶにきれいに添うように職人さんが工夫してくれました。

一緒に語ってはいけないと重々分かっておりますが。。。クジラやマグロを解体する気持ちと同じ。無駄にしたくない。余った真珠を目にすると、そんな気持ちになるシバタです。

関連記事