妻の請求!! 夫の本音???

ジュエリーシバタが皆様に
お伝えしたいことを書き記しております。
ぜひご覧ください。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 妻の請求!! 夫の本音???

妻の請求!! 夫の本音???

「毎年の結婚記念日と妻のバースデーには、サプライズのプレゼントを忘れないよ」

 

世の中に、こういう殿方がいらっしゃることは「まぼろしぃぃぃ」だと、ずっと信じて今日まで生きてきました。しかも、このセリフをおっしゃったのが…夫の長きにわたるお友達であるという事実(◎-◎;) 

本当に…友達??

 

先日、夫の同級生の方とお話する機会がありました。その時にこの言葉を伺って、(新婚さんいらっしゃいの桂文枝のように)椅子からひっくり返りそうになりました。奥様はお幸せな方だわねぇと、羨ましく思いますが、、、これは『妻の日頃のお・こ・な・い・の差』かもなぁと(謙虚に)思ったりするわたくしです。

 

私「プレゼントは何にされるんですか?」もう興味津々で質問です。

友達「う~ん、いろいろだけど。Tシャツとか、花とか、小物とか」

私「え~ぇ、すごぉ~い。洋服の好みをご存じなんだぁ」

友達「うん、だいたいね。」

(-_-)うちは美容院に行っても気がつかないけどね。。。やっぱり夫側の気配りだわね(私の心の声)

 

友達「だけどジュエリーは、あんまり贈らないよなぁ。婚約指輪もそのままだしなぁ〜。」

 

あ〜〜あ なんてこった。でも、そうなんだよなぁ。。。(ここで宝石屋にスイッチオン)

 

ご婚約の時に、ありったけの想いを込めて贈られたであろうご婚約の指輪。そしてご結婚指輪。わたし達の時代は立て爪で引っかかるし、年と共に指のサイズや好みも変わっていくのが当たり前だし。でも、男性からしたら「俺の給料三か月分?のダイヤモンドをなぜに着けない」って気持ちにもなるよなぁ。

だけど…これって、宝石屋がきちんとご提案していないからかしら??ふと、そんなことを思いました。私たちの怠慢。。。

ご婚約やご結婚の時に、指輪をお求め頂きます。その大切なジュエリーを、お二人の人生にずっと寄り添っていけるように、いろんなご提案を差し上げたり。節目のアニバーサリーには、それにリンクするジュエリーをご紹介したり。。。そうしたら、ジュエリーをもっと身近に感じてもらえるのではないかしら?

我が家の夫に「少しは友達を見習え!」って腹を立てるばかりでなく、自分にも「喝っっ!!」を入れるシバタです

 

 

 

 

関連記事