給料の3ヶ月分?

ジュエリーシバタが皆様に
お伝えしたいことを書き記しております。
ぜひご覧ください。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 給料の3ヶ月分?
   
2019/06/06                                    

給料の3ヶ月分?

嬉し恥ずかし。。そんな初々しい気持ちとか、いつまでも夫婦という幻とか、今夜はスペシャルなディナーに連れていってくれるだろうという期待とか、一緒の墓に入るのかしらとか、、、

なーーんて感慨にふけることは、今さらありませんが、一応シバタ家…ゾロ目の本日、6月6日が『けつこんきねんび』でございます。何年目?そんなことも忘れました。普段通り、今夜はコロッケでも(買ってきて…)モソモソと食べることに致しましょう。

婚約指輪はダイヤモンド💎 給料の3ヶ月分。。。なんてキャッチコピーがありました。私が若い頃は芸能人の婚約ツーショット会見(山ちゃんと蒼井優。。。ビックリです)があって、必ず女性が左手の指をスックっ!って伸ばしてダイヤモンドの指輪を披露するのが常でした。芸能人ってお金持ちなんだぁ~~と、田舎娘はため息をついたものです。

 

ダイヤモンドの指輪を、婚約の証に男性が女性に贈る。なぜだかご存じですか?諸説ありますが…世の中で一番硬い物質であり希少価値も高いダイヤモンドは、永遠の絆にふさわしいから。無色透明なダイヤモンドが、無垢な花嫁のイメージに重なるから。こんなところがよく言われている理由です。

 

よく小説やドラマで 「あなたさえいれば!もう何にも要らないわ。お金も宝石も。名声も。。。」 こんな台詞が、純粋の愛の在り方のように表現されます。

が、、、

そうでしょうか? 

そうかもしれませんか。。。。

ダイヤモンドって純粋な愛の証ではないのでしょうか?

 

ダイヤモンドを結婚に贈るようになったのは15世紀頃。まだ戦いや病気で命を簡単に落とす時代です。そんな時代に大切な人に自分の気持ちを託すもの。それに希少で一番硬い鉱物のダイヤモンドが選ばれたことは、しごく当然のことだったかもしれません。

愛を買うことは出来ないけれど、愛の証にその石を買うことは自然な気持ちなのではないかしら。。。そんなことをけつこんきねんびに、ツラツラと考えたりしています。(でも、愛をお金に替えてもらうことは大歓迎です。。)

 

今あるダイヤモンドは、恐竜が地球にいた時代に産まれたもの。地球の中から何億年もかかって地表に出てきました。だから…宝石箱に入れたままにしないで、たくさん着けてくださいね

 

【ジュエリーシバタ】
TEL:058-391-3504

住所:〒501-6244
岐阜県羽島市竹鼻町丸の内3丁目29

営業時間:10:00〜20:00

定休日:木曜日

—–

岐阜県羽島市ジュエリーシバタ
ジュエリー・真珠(パール)・時計(ウォッチ)メガネ・修理リフォームの専門店

—–

お問合わせは、お電話、もしくはHPの
お問合わせフォーム又は、ご来店予約フォームよりお願いします。

関連記事