K18WGのジュエリーを新品仕上げする

ジュエリーシバタが皆様に
お伝えしたいことを書き記しております。
ぜひご覧ください。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. K18WGのジュエリーを新品仕上げする

K18WGのジュエリーを新品仕上げする

K18WGのジュエリーをずぅーと着けていらっしゃると、なんだか所々が金色っぽくなってきたような。。。。そんな感じに思われたことありませんか?


リボンの形のペンダントですが、裏側が金色になっていますね。
これは、ホワイトゴールドのジュエリーによくあることです。少しの期間、お預かりさせていただくことになりますが、新品仕上げをすることで買った時のようなピカピカの状態になります。
K18WGのジュエリーはK18の地金にパラジウムという金属を混ぜて作られます。店頭とかで「18金のホワイトゴールド」のジュエリーをご覧になる時は、プラチナと同じような色合いですよね。ですがK18WGのジュエリーは18金なので、もとは金色をしています。パラジウムを混ぜることで、プラチナのような銀色になるのです。このホワイトゴールドのジュエリーを長年お使いになると、摩擦やキズ,汗などで元々の色である金色に変色してくることがあります。これにロジウムでメッキをすると、もとの銀色のピカピカになります。

ちなみにシバタには苦手な話ですが、、、K18WGを少しだけ算数的に説明をいたしますね。
まず、K18(18金)とは、金の含有量が75%で、残りの25%は銀や銅の金属を混ぜてつくられた合金のことです。金の含有量が100%であれば純金(K24)です。ジュエリーにK24の製品が少ないのは、純金だと柔らかくてジュエリーの細工には向いていないためです。24金・22金・18金・14金、これは金の純度を表しているわけですが、ジュエリーの加工に最も適した硬さが18金です。
75%の金に、銀・銅を混ぜると18金
75%の金に、銀・パラジウムを混ぜると18金のホワイトゴールド
75%の金に、銀・多めの銅を混ぜると18金のピンクゴールド
指輪の裏側に『K18』『K18WG』『K18PG』とかの刻印をご覧になることがあるかと思いますが、見た目の色は違っても、どれも18金の指輪ってことになります。
日本では、例えば18金の指輪の刻印は、Kが最初にあって『K18』という表記ですが、海外では『750』という刻印がほとんどです。
日本は18÷24=0.75 で75%
外国は1000分率を使うので100%=1000 18金は75%なので、表記が750になります。

自分で書いていながら、うまく伝わっているのか…正しく説明できているのか…不安になってまったシバタですが、今日一番に申し上げたいことは「せっかくのお気に入りのジュエリーを、きれいな状態で着けていただきたい」ってことです。よろしくお願いいたします(*^^*)

関連記事