Vの形の指輪のリフォームのご紹介です

ジュエリーシバタが皆様に
お伝えしたいことを書き記しております。
ぜひご覧ください。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Vの形の指輪のリフォームのご紹介です

Vの形の指輪のリフォームのご紹介です

昨日のブログの一文字リングでも少しだけ触れた「重ねて着ける」こと。普段は重く感じるかもしれませんが、お出掛けやセレモニーに!!気分を華やかにするジュエリーのコーディネートだと思います。さて、そんな指輪の重ね着けの代名詞がVの形のダイヤモンドリングではないでしょうか。

(手のモデルは社長です。。。たるみは見逃してくだされ)

こんな感じで、ご婚約指輪と一緒にお求めになられた方も多くいらっしゃるかと思います。

お客様から「Vのダイヤモンドの指輪、ダイヤが一個外れてしまってからは、ずぅーーーと仕舞い込んだままになってます。だけどキレイなダイヤなんですよね。。。」そんなお話を伺いました。もう指輪は、あまりお着けにならないとのこと。指輪のダイヤを利用して、ペンダントをお作りすることをおすすめしました。


デザインはブリッジで!お客様のご希望で地金はK18PGです。

お手持ちのダイヤモンドのグラデーションを活かし、とても美しいラインのペンダントになりました。
下の写真がビフォーアフターです。

お客様がお持ちになられたV型は、爪も低く抑えられモダンでシンプルなデザインでした。ただ、よくご相談をいただくV型の指輪は爪がしっかり作ってあり高さを感じます。今回のようにペンダントに作り替える。指輪のデザインはそのままで高さを抑える加工をする。あるいはVから一文字リングにリフォームする。いろんな活用法があります。もしタンスの肥やしになっていたら。。。お気軽にご相談くださいね。

関連記事